2013年12月アーカイブ

紀州備長炭の窯では箱詰

 

今日は紀州備長炭の窯では先日窯出しした

紀州備長炭の箱詰作業が行なわれています

昨日は次回の分の原木の窯入れ作業でした

息子は明日も箱詰め作業です

紀州備長炭の窯は山間ですので寒さも厳しいですが

頑張ってくれております

お疲れ様と心から感謝です♪

紀州備長炭

紀州備長炭の箱詰めはこの様に選別して綺麗に箱に詰めていきます

マスクをして作業していますが

主人は灰まみれになるのでおにぎりも食べにくいと言います

 

そしてぐーちゃんは

年末で皆が気ぜわしくしているのを感じるのでしょう。。。

寒さのせいもあるのでしょうけれど寝ている事が多いです

PCが大好きですからPCを始めると膝にあがって来ます

グーちゃんの今年最後のご挨拶

今年一年

今年一年も大変お世話になりました

どうぞ良いお年をお迎え下さいませ

ご家族皆様に幸多い年であります様に祈念いたします

来る年もどうぞ宜しくお願い致します

 

紀州備長炭の窯では31日まで作業をしております

紀州備長炭の窯の様子や山での出来事は

FBに掲載しています

http://www.facebook.com/cotton1980

 

 

紀州備長炭HP 

 

人気ブログランキングへ ←宜しくお願い致します

 

 

 

紀州備長炭の窯では最後の窯出し

 

紀州備長炭の窯では今年最後の窯出し作業が行なわれています

昨日から24時間かけあらし(精錬)続いて今日は窯出しです

夜の9時40分を過ぎていますがまだ終っていないようです

明日は窯入れ。。。窯が冷めないうちに原木を入れます

大変な作業が続きますが主人と息子2人で力を合わせて頑張ってくれています

温かいお味噌汁でも作ります。。。

窯出し

以前の窯出しの時の様子です

日々過酷な作業が続きます本当にお疲れ様

きっときっと素敵な新年が迎えられる事でしょう

来年は楽しみな事が一杯なんですから。。。♪

 

紀州備長炭の窯の様子や山での出来事は

FBに掲載しています

http://www.facebook.com/cotton1980

 

 

紀州備長炭HP 

 

人気ブログランキングへ ←宜しくお願い致します

 

メリークリスマス

 

娘から写真が届きました♪

飾りは全部手作りだそうです。。。。

もう直ぐ楽しいクリスマスですね

子供の頃は嬉しくてワクワクしたものです

メリークリスマス

メリークリスマス

今は気ぜわしい年の瀬を過ごしております、、、、

写真は娘の職場の入り口に飾ったものです

 

今日の和歌山は朝から雨

息子は紀州備長炭の窯でお仕事です

主人は家で出荷準備

今年最後の窯出しに向けて頑張っています

紀州備長炭の窯の様子や山での出来事は

FBに掲載しています

http://www.facebook.com/cotton1980

 

 

紀州備長炭HP 

 

人気ブログランキングへ ←宜しくお願い致します

 

素敵な若者のお話

 

12月の初め素敵な若者のお話がネットに出ていました

ちょといい話。。。感動でしたので掲載します

 

凄く人見知りな3歳の息子さんの心を射抜いた娘さんのお話です

息子さんは人見知りの恥ずかしがりやで

泣き虫で祖父母の家に行くのも乗り気ではない様子

たまにしか逢わないお友達のお母さんとかに逢うと

ご両親の後ろに隠れてしまう有様でどうにかならないかと

夫婦で話していたのだそうです

たまたまスーパーの帰りに寄った公園に

フレンチブルドックを連れたお姉さんが居ました

何を思ったのか息子さんがお姉さんに向って走り出しました

ビックリして若干遅れながら追いかけて近くで見たお姉さんは

20歳ぐらいの普通の今時のお姉さんでした

こげ茶のロングにメイクはそこまで濃くはなかったけれど、口ピアスがありました。

正直息子さんが自らホイホイ近づく感じではない...(でも顔はちょっとかわいかったかも)

と印象が書いてありました

息子さんに気付いたお姉さんは『こんにちは』と挨拶してくれて

「犬好き?ぶーにゃんは噛まないよー撫でて見る?」

と言って触らせてくれました。。。

お母さんの携帯の着信音で息子さんが帰るを察したようで

ワンちゃんを撫でるのを止めると

お姉さんが鞄からウエットティッシュを出してお母さんと息子さんに

渡したのだそうです

息子さんが手を拭き終わるとペコちゃんの

棒がついてる飴のキティちゃんバージョンをお母さんと息子さんにくれたそうです

若い子にも良い子って居るんだとほくほくして帰ったとか。。。

 

夜にお父さんにしこたまその様子を話し

宝物のように飴を眺めていたそうです

「どうしてお姉さんにもじもじしなかったの~?」と聞くと

「優しいの見えた!」と嬉しそうに言っていたそうです

超シャイボーイな息子さんを惹きつけた

お姉さんの魅力と 何が"見えた"のか。。。。

 

凄く素敵なお話で心が温かくなりました

殺伐とした世の中に光を見たような気がしました

子供や動物は素直な分、人の本質みたいな
物を感じ取る力があるのでしょうね♪

 

konnnabara.jpg

こんな角度のバラは如何かしら。。。?♪

 

今日も寒ーい和歌山です

でも雪が降る訳でも無いので有り難い所です

主人と息子は紀州備長炭の窯と山でお仕事です

今年最後の窯出しに向けて頑張っています

紀州備長炭の窯の様子や山での出来事は

FBに掲載しています

http://www.facebook.com/cotton1980

 

 

紀州備長炭HP 

 

人気ブログランキングへ ←宜しくお願い致します

 

孫の成長

| コメント(8) | トラックバック(0)

孫の成長

 

東京に居ります娘の所の中学1年生の孫のお誕生日でした

12/8孫の成長は早いものです

もう中学生。。。♪

それだけ自分も歳を重ねていると言う事です。。。

おばあちゃん手作りのケーキでお祝いしてもらったようで

写真を送ってきてくれました

孫が2歳の頃からのお付き合いで幼馴染のお母さんからの

手作りディズニーのダッフィーとシェリーメイの縫いぐるみは

孫のバスケの背番号です

素敵な嬉しいプレゼントにお友達との

良い関係を築いている事を感じます

何事も無く普通に成長してくれている事に感謝致しました

有難う♪

そしておめでとう

手作り

おばあちゃん手作りのお誕生日ケーキ

美味しそうに出来ましたね~

流石です

 

背番号

お友達のお母さんが洋服を作ってくれました。。。

背番号は孫のバスケの時の番号です♪

 

後

にも背番号が付いています

作るの大変だったでしょうね~

凄く嬉しい思い出に残るプレゼントですね

 

私達もお正月に逢えるのを楽しみにしています♪

風等ひかない様に体調管理をしておかなければと思います

 

今日の和歌山は朝からとても寒い一日です

主人と息子は紀州備長炭の窯と山でお仕事です

今年最後の窯出しに向けて頑張っています

紀州備長炭の窯の様子や山での出来事は

FBに掲載しています

http://www.facebook.com/cotton1980

 

 

紀州備長炭HP 

 

人気ブログランキングへ ←宜しくお願い致します

 

紀州備長炭の由来

 

高級ブランドのイメージが定着している紀州備長炭

紀州備長炭はウバメガシと言う木を炭材にして焼かれた白炭です

ウバメガシは紀州地方に多い樹脂で和歌山県の県木になっています

木質が硬く木そのものは曲がりくねっていて建築や

木工製品にはとても使えるようなしろものではありません

ところがこれを炭に焼くと、ノコギリでも切れないぐらい硬く火持ちの良い炭となるのです

1200℃以上で焼かれ十分に"ねらし"(精錬)がかけられているので

硬質で原木にも硫黄分が少ないので燃焼時にも不快な臭いはしません

燃焼ガスに水分が少ないので焼き物料理に使うと

カリッと美味しく焼けると言う特徴があります

江戸時代に回船問屋を営んでいた備中屋長左衛門が店で

紀州産の白炭を扱っていて商標を備長炭としたのが名前の由来のようです

日本の備長炭ブームに便乗して中国からは中国備長炭

東南アジアの国々からはマングローブを焼いた

南洋備長炭が輸入されています

マングローブは海岸に生育する植物なので

塩分を多く含んでいます

その炭を料理に使うと塩分が食材や計器等に白い粉状となって付着するのだそうです

 

紀州備長炭

紀州備長炭の箱

この箱の偽者も出ているそうです。。。。

 

今日の和歌山は朝から寒く曇り空です

主人と息子は紀州備長炭の窯と山でお仕事です

紀州備長炭の窯の様子や山での出来事は

FBに掲載しています

http://www.facebook.com/cotton1980

 

 

紀州備長炭HP 

 

人気ブログランキングへ ←宜しくお願い致します

  

紀州備長炭で焼いた料理は何故美味しいのでしょう

 

焼き物料理の燃料に紀州備長炭が好まれるのは

炭質がのこぎりで切れないほど硬く

火持ちが良い事

硫黄の成分が成分が少ないので臭いが無い事

1200度~1300度の高温で製炭されるので

燃料ガスに水分が少なく焼き物料理に使うとパリッと焼きあがる等

多くの燃料特性を備えている紀州備長炭

炭火から出る近赤外線も紀州備長炭で焼く料理を美味しくする

決め手の1つです

紀州備長炭

紀州備長炭

 

焼き物料理

紀州備長炭焼き物料理

 

『直火の強火』が焼き物料理の鉄則だそうです

食材の表面を焦がさずにすばやく内部の温度を70℃くらいに加熱すること

紀州備長炭はこの鉄則にかなった燃料でもあります

 

今日の和歌山は快晴

主人と息子は紀州備長炭の窯でお仕事です

今年最後の窯出しに向けて頑張っております。。。

紀州備長炭の窯の様子や山での出来事は

FBに掲載しています

http://www.facebook.com/cotton1980

 

 

紀州備長炭HP 

 

人気ブログランキングへ ←宜しくお願い致します

 

MTBlog50c2BetaInner

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.2.3