2014年4月アーカイブ

紀州備長炭を床下に敷くとシロアリがこないのはなぜ

 

湿気の多い日本では昔から風通しを良くして

湿気がこもらないようにする等工夫をこらして

梅雨時や夏の蒸暑さをしのいだりカビや

シロアリの被害から住居を守ってきました。

土蔵等の湿気とりに木炭が用いられたのもその対策のひとつです

紀州備長炭は湿気や水分をよく吸着し

調湿能力に優れているので

夏涼しく冬暖かく快適な住環境を作るために

大切な道具でもあったのです

 

信州大学農学部の教授の実験によりますと

床下に紀州備長炭を3~5cmの厚さ

1坪当たり50kgくらいの割合で敷き詰めると

梅雨時でも床下の湿度は95%以上になることは無く

結露しにくいのでカビも生えないことが分かりました

 

ただし調湿用の炭は十分に焼かれたもので無いと効果が少なく

焼き方が不十分な未炭化木炭やオガタンのように

製造過程で木材組織が破壊してしまっている

炭素材、石と同じで調湿効果はありません。

 

床下調湿炭には使用量の基準を3,3㎡(1坪)あたり

20kgに設定していますが

この程度の使用量でも十分効果はあります

団地やマンションの流しの下や押入れなどにも

紀州備長炭を置くと同じ様な効果が見られます

 

床下

紀州備長炭を床下に敷き詰めています

 

紀州備長炭は水分を吸収するだけでなく

空気が乾燥してくると吸収した水分を放出して

湿度をコントロールしてくれます

つまり紀州備長炭は除湿器と加湿器の

二つの役割をはたしてくれるのです

紀州備長炭床下用

 

紀州備長炭ペット用

 

紀州備長炭どこでも調湿炭

 

今日の和歌山は昨夜から降り続いている雨が激しくなってきました

紀州備長炭の窯では主人と息子が窯出し作業中です

昨日からあらし(精錬)で紀州備長炭の窯で泊まりこんでの作業です

 

紀州備長炭の窯の様子や山での出来事は

FBに掲載しています

http://www.facebook.com/cotton1980

 

 

紀州備長炭HP 

 

人気ブログランキングへ ←宜しくお願い致します 

  

 

紀州備長炭とおおでまり

 

紀州備長炭とオオデマリを飾りました♪

華やかな見事なおおでまりなので嬉しくなって

紀州備長炭と一緒に飾ってみたくなりました♪

おおでまり

紀州備長炭とおおでまり

 

おおでまりも気持ちが良さそうに見えます。。

紀州備長炭を花瓶に入れると

お花が長持ちして。。。

お水の腐った臭いもしません♪

 

お家の中にお花を飾るとウキウキします

今日の和歌山は晴れ

まだ朝夕は肌寒いです

主人と息子は紀州備長炭の窯でお仕事です

 

紀州備長炭の窯の様子や山での出来事は

FBに掲載しています

http://www.facebook.com/cotton1980

 

 

紀州備長炭HP 

 

人気ブログランキングへ ←宜しくお願い致します 

  

藤の花が満開

| コメント(6) | トラックバック(0)

藤の花が満開

 

紀州南部では桜が終わり藤の花が出番とばかりに。。。

咲き誇っています♪

朝夕はまだ肌寒い日も多いですが日中はかなり暖かく春を感じる日々です

藤の花

藤の花

見事に咲き誇っています♪

 

今日の和歌山は朝はまだ寒く紀州備長炭を熾して

火鉢に火を入れました

主人と息子は山と紀州備長炭の窯でお仕事です

 

紀州備長炭の窯の様子や山での出来事は

FBに掲載しています

http://www.facebook.com/cotton1980

 

 

紀州備長炭HP 

 

人気ブログランキングへ ←宜しくお願い致します 

 

 

炭の化学と正しい利用法

 

木炭は炭素のかたまりで一般にアルカリ性です

そのPH値は約1200度以上で焼いた白炭(紀州備長炭)は

9,0~9,5 400度~700度で焼いた黒炭は平均値8,0~8,5です

400度以下で焼いた完全に炭化していない木炭は

燃やすと煙が出ることがあります

この様な木炭のPH値を調べると微酸性を示します。

 

最近、高圧送電線・OA機器・家電製品・携帯電話などから

発生する電磁波が精密機器や医療器械はもとより

人体に障害を与えると言う研究リポートが海外で

相次いで発表されています

高温で焼いた紀州備長炭(白炭)には電磁波を

遮蔽する働きがあるので電磁波遮蔽材としての用途が注目されています

また紀州備長炭には室内の空気を浄化する働きのほか

マイナスイオンを増やし、気分を落ち着かせたり

リラックスさせる沈静効果があるのでインテリアや寝具等にも広く利用されています

 

ただ電磁波を吸収したり、マイナスイオンを増やすのは

1200度以上の高温で焼いた白炭(紀州備長炭)にかぎられ

炭化温度の低い黒炭には、ほとんどその効果はありません。

 

したがって快適な暮らしの資材として炭を購入する時には

白炭・黒炭それぞれの性質を正しく理解して使用目的や

用途にあった良質なものを選ぶ事がたいせつです

 

紀州備長炭

紀州備長炭

 

今日の和歌山は昨日に引き続き雨がシトシト降っています

主人と息子は紀州備長炭の窯でお仕事です

 

紀州備長炭の窯の様子や山での出来事は

FBに掲載しています

http://www.facebook.com/cotton1980

 

 

紀州備長炭HP 

 

人気ブログランキングへ ←宜しくお願い致します 

 

紀州備長炭(白炭)と黒炭の違いⅡ

 

昨日は主に白炭とオガタンの説明でした

今日は黒炭について少しだけ説明させて頂きます

黒炭はクヌギ・コナラ・カシ等を炭材に使います

窯の中の炭材の炭化が終わり煙突から出る煙が無色になったら

窯口や煙の出口を石や粘土で密封します

その時の窯の中の温度は窯底の部分が400度天井部分で700度ぐらいです

そこで、火消しつぼを使うのと同じ要領で窯の中の残りの火を消し

そのまま冷やしてから窯口を開いて取り出します

黒炭には白炭のように灰がつかず、表面が黒いので『黒炭』と呼ばれます

黒炭の代表的なものには生産地の名にちなんで命名された

『池田炭』『岩手木炭』などがあります

池田炭にはクヌギ岩手木炭にはミズナラが使われます

黒炭は白炭に比べて炭質が軟らかで、火付きが良く早く燃えます

立ち消えがしないので昔から茶道用や工業用の燃料などに使われてきました

黒炭にはこのほか製材くずや建築廃材などを近代的な

自動制御方式の炭化炉で焼いた粒炭や雑炭があります

価格が安ので土壌改良用に使われたりしています

 

以上黒炭の説明をさせて頂きました

明日は炭の化学と正しい利用法の

説明をさせて頂きたいと思っています

 

紀州備長炭

紀州備長炭

 

今日の和歌山は穏やかな快晴

主人と息子は山でお仕事です

 

紀州備長炭の窯の様子や山での出来事は

FBに掲載しています

http://www.facebook.com/cotton1980

 

 

紀州備長炭HP 

 

人気ブログランキングへ ←宜しくお願い致します 

 

 

紀州備長炭(白炭)と黒炭の違いⅠ

 

白炭(はくたん・しろずみ)と黒炭(こくたん・くろすみ)の

一番の大きな違いは炭を焼くときの窯の温度と焼き方です

当然炭の性質も違ってきます

白炭(紀州備長炭)は炭焼きの仕上げの段階で窯の中に空気を入れ

原木が熱分解する時に発生したガスを燃焼させながら

ほぼ焼きあがっている炭を約1200度から1300度の

高温の中で精錬(せいれん・高品質化)します

その後窯口からすばやく取り出して

灰と土を混ぜ水分を含ませた消粉(けしこ)をかけて冷やしながら消します

この一連の作業を『ねらし』といいます

炭の表面に灰がついて灰白色をしているので『白炭』と呼ばれています

ウバメガシと言う硬い材質の木を白炭に焼いた

紀州備長炭は白炭の中でも最高級品とされ炭質が銅のように硬く

叩くとキンキンと金属のような澄んだ音がします

紀州備長炭は火が付きにくいが火が付くと火力が強く

火持ちが良いのが特徴です

炊飯器に入れたり

水道水のカルキ臭を取り除く為にポットに入れたり

風呂に入浴剤として用いたり

電磁波を吸収するためやマイナスイオンを増やすのは

高温で焼いた白炭(紀州備長炭)に限られ炭化温度の低い黒炭には

ほとんどその効果は期待できません

また

オガタン(オガクズなどの木質系廃材を粉砕して

圧縮・成型して炭化した固形炭素)は製造過程で

木材の組織が圧縮され破壊されてしまっているので

その性質や機能は原木を焼いた木炭とは違ったものになります。

長くなりましたので

黒炭の掲載は明日にしたいと思います

それでは又明日。。。。♪

 

紀州備長炭

紀州備長炭

 

今日の和歌山は昨日夕方からの雨が降り続いております

紀州備長炭の窯の様子や山での出来事は

FBに掲載しています

http://www.facebook.com/cotton1980

 

 

紀州備長炭HP 

 

人気ブログランキングへ ←宜しくお願い致します 

 

紀州備長炭のミニ研摩炭

 

紀州備長炭のミニ研摩炭

昨日の粒炭と並んで人気があります

花瓶や籠に刺して部屋の四隅に置いたり

玄関に飾って使用するようです

ミニ研摩炭

紀州備長炭のミニ研摩炭

一本一本丁寧に研摩してあります

 

今日の和歌山はポカポカ陽気快晴です

主人と息子は山と紀州備長炭の窯でお仕事です

 

紀州備長炭の窯の様子や山での出来事は

FBに掲載しています

http://www.facebook.com/cotton1980

 

 

紀州備長炭HP 

 

人気ブログランキングへ ←宜しくお願い致します 

 

紀州備長炭の粒炭

 

最近特に人気のある

紀州備長炭の粒炭

どの様に使用するのかお聞きすると。。。

埋設してイヤシロチとか

素敵な陶器に入れてお部屋の四隅に置いておく♪

お住まい、オフィス、店舗など、あらゆる空間を

元気いっぱいツキまくる環境を作るようです

エネルギーに満ちた物質。。。紀州備長炭

イヤシロチ化をすると、人間は生きやすく、住みやすく

商売もし やすくなり、動植物も喜ぶと聞きます

紀州備長炭の粒炭

お役にたっている様で嬉しいです

tubutann.jpg

紀州備長炭の粒炭

紀州備長炭の粒炭は大中小

と大きさが3種類ありますが

写真は3種類混ざったものです

ボールペンを置いて大きさを比較して頂きます

紀州備長炭の粒炭は全て洗浄済みですので

灰等で汚れたりする事はありません

 

電磁波遮断材として、紀州備長炭(白炭)が電磁波を吸収し

電磁波に対して『防弾チョッキ』と同じような役割をしてくれます。

調湿効果・消臭効果・電磁波遮断効果の威力を発揮する炭は

表面積の多い硬質な紀州備長炭が最適です。

 

今日の和歌山は快晴とても良いお天気です

 

紀州備長炭の窯の様子や山での出来事は

FBに掲載しています

http://www.facebook.com/cotton1980

 

 

紀州備長炭HP 

 

人気ブログランキングへ ←宜しくお願い致します 

花盛り

| コメント(4) | トラックバック(0)

花盛り

 

春爛漫

和歌山は花盛りです

チュウリップや山吹やガーベラやアネモネ

等が咲き誇っています♪

山吹

山吹

これは八重の山吹です

家中を明るくしてくれます。。。。

アネモネ

アネモネ

華やかなお花です

 

和歌山は朝夕はまだ冷え込みますが

昨日の日中は26度もありました

今日は昨日よりも寒く感じます

寒暖の差が激しいのでお花達も戸惑っている事でしょう

紀州備長炭の窯での作業も大変な様子です

 

紀州備長炭

の窯の様子や山での出来事は

FBに掲載しています

http://www.facebook.com/cotton1980

 

 

紀州備長炭HP 

 

人気ブログランキングへ ←宜しくお願い致します 

 

紀州備長炭の原木

 

紀州備長炭

原木は姥目樫と言う

硬木で太平洋に面した

海岸沿いの暖かい地に多く密生している

和歌山県の県木です

今日は次回から伐採予定の山へ下見に行ったようです

写真を送ってくれました

山

の様子

 

原木ウバメガシ

紀州備長炭の原木ウバメガシです

 

直径40cm

太いウバメガシで直径40cmほどだそうです

樹齢100年位かなぁ~とか主人が話してくれました

シダが多くて不気味です。。。。

 

窯の跡

昔の人が炭を焼いていた窯の跡のようです

先人達は

切り口を斜めにして雨露が溜まらないようにしたり

不要な芽を掻き取ることで質の良い

後継木を育てる工夫をされ伐採してきたようです。

主人と息子は出しやすい所のようで喜んで帰ってきました

 

今日の和歌山は空は晴れているのに時々雨が降ってきます

変なお天気です

紀州備長炭の窯の様子や山での出来事は

FBに掲載しています

http://www.facebook.com/cotton1980

 

 

紀州備長炭HP 

 

人気ブログランキングへ ←宜しくお願い致します 

 

MTBlog50c2BetaInner

2014年5月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.2.3