美容室コットンクラブ(cotton club)のインドハーブ100%ヘナ・インディゴ遊び
フリーダイヤル (0120) 38-1143 FAX (0735)21-3651

薬剤を使うときには、必ず手袋をつける

美容の薬剤を使う時に、私は必ず手袋を付けている。
なぜ?なら、薬剤を調合する時・お客様の頭皮に塗布する・シャンプーの時に、全ての化学薬品を素手で触らないようにするためから・・・・。
自分が絶対に触れたくない薬剤を、お客様の大事な頭皮に直接塗っても良いのか?
なぜなら・・・手袋をしないで、施術すると、手が荒れるし素手でのシャンプーをするとますます手があれていき悪化してしまいます。私の経験で、指先に小さな傷口があって薬液が付くと飛び上がるほどしみて、痛いし乾燥すると、かゆくて血が出るまでかき続けてしまう。そのまま仕事を続けてもいいのだろうか?
化学薬品を使うと希望の色に染める事ができます。白髪を染めたり、オシャレのために黒髪を色々に染める。そして、子供まで染めている。毛染剤は、単に髪が痛むという事だけでなく強い毒性を持つ物質が何種類も含まれていて、健康に重大な影響があることを知っていますか?
薬剤を常時使用する美容師の間で、アレルギー、アトピー、気管支炎、皮膚炎等の被害が広がっている。
夢を持って美容師の仕事を始めた人達が、現実には、毎日沢山の薬液を触り、シャンプーの繰り返しで、手荒れ等、健康上の問題で仕事を止めていく人が多い。健康で仕事を続けて行くためには、どうしたらいいのか?
薬剤を扱うときには手袋をつけて、絶対に触らないというのは、一つの方法だと思います。そして台所用洗剤と同じような合成界面活性剤そして、シャンプーやリンスなど、CMによるイメージや、香りなどで商品を選んでは、いけないのではないのでしょうか?
お客様や美容師にとって、体に良いわけがない薬剤を使用する必要があるのでしょうか?薬剤を使用せず、誰でも安心して使用できるものだったら、ゴム手袋は、必要ないはずです!

home お問合せ